ニュースリリース

2014.02.25

香川県のみどり合同税理士法人グループ、東京の有力会計事務所と提携

●みどり合同税理士法人グループ

総合会計事務所のみどり合同税理士法人(高松市 代表:三好貴志男)と、同グループの(株)みどり財産コンサルタンツ(高松市 代表取締役:竹本正憲)は、相続・事業承継・節税対策・金融商品開発などの専門性強化を目的として、東京の大手会計事務所2法人と提携いたします。

このニュースリリースをtwitterでつぶやく

総合会計事務所のみどり合同税理士法人(高松市 代表:三好貴志男)と、同グループの(株)みどり財産コンサルタンツ(高松市 代表取締役:竹本正憲)は、相続・事業承継・節税対策・金融商品開発などの専門性強化を目的として、東京の大手会計事務所2法人と提携いたします。

みどり合同税理士法人は、東京都新宿区に本部を置く辻・本郷税理士法人(理事長:本郷孔洋)と業務提携します。辻・本郷税理士法人は国内トップクラスの規模(従業員数700名)を持ち、全国に29の支部を置いていますが四国地区は手薄でした。今後みどり合同税理士法人が四国の主力拠点として辻・本郷税理士法人の顧問先法人の出先の税務管理などをサポートするほか、地方企業で急務となっている相続・事業承継対策のノウハウ共有や人事交流も行います。業務提携は1月17日付け。

みどり財産コンサルタンツは、東京都千代田区に本社を置く東京共同会計事務所(代表パートナー:内山隆太郎)に株式の一部を提供し、資本参加の形でパートナーシップを結びます。業務においては、金融商品の開発や国際業務に強い東京共同会計事務所と、四国および岡山を中心に節税・金融商品の企画提案力を持つみどり財産コンサルタンツが互いに補完し合います。3月末日予定。

税務・会計事務所を取り巻く環境は近年、大きく変化しています。特に地方の中小事務所は顧問先の減少や後継者難から淘汰が進んでおり、東京などの大手会計事務所が地方の会計事務所を吸収合併してエリア拡大を進める例が増えています。今回はこれとは異なり、首都圏をはじめ全国への展開など業容拡大中のみどり側から積極的に働きかけたパートナーシップ、業務提携です。

【業務提携・パートナーシップの狙い】
■みどり合同税理士法人
・辻・本郷税理士法人の、国内最高水準の税務サービス力を導入し顧客満足度を高める。
・事業承継対策提供四国NO.1の体制を固める。
・昨年「事業承継の安心手引き」を共同作成し、ノウハウ共有してきたが、さらに人事交流などを通して、関係を強化する。
・国際業務(顧問先企業の海外展開支援等)のノウハウを吸収する。

■辻・本郷税理士法人
・手薄だった四国地区のネットワークの充実
・「事業承継の安心手引き」を共同作成し、発行部数17000部、全国20金融機関への納入実績を上げたことを契機として、事業承継対策のノウハウを共有しサービスの充実を図る。

■みどり財産コンサルタンツ
・東京共同会計の日本最高水準・金融商品開発力の獲得により、「匿名組合方式の太陽光発電」などの金融商品提供体制を強化し、日本一の相続・事業承継対策会社を目指す。
・国際業務(顧問先企業の海外展開支援等)のノウハウを吸収する。

■東京共同会計事務所
・みどり財産コンサルタンツの事業承継対策の企画力と、東京共同会計の金融商品開発力の融合によるシナジー効果を期待。

【ニュースリリース発表社&発表者】

みどり合同税理士法人グループ

顧客サービス室 山下
TEL: 087-862-5033
E-mail: Akiko_Yamashita@digitalbank.co.jp
ホームページ: http://www.midori-zc.co.jp/

キーワード検索

媒体(新聞社)リンク