ニュースリリース

2014.12.09

岩佐佛喜堂、自社ブランドお香シリーズ第一弾を発売。“煙が川のように流れるお香”「流川香」

●株式会社岩佐佛喜堂

仏壇・仏具販売の株式会社岩佐佛喜堂(香川県高松市丸亀町10-3 代表取締役/岩佐武彦)は、新たな事業として自社ブランドのお香シリーズを商品化しました。第一弾は、煙が川のように低く流れ、インテリア性の高いお香「流川香」(りゅうせんこう)。

このニュースリリースをtwitterでつぶやく

流川香(りゅうせんこう)

仏壇・仏具販売の株式会社岩佐佛喜堂(香川県高松市丸亀町10-3 代表取締役/岩佐武彦)は、新たな事業として自社ブランドのお香シリーズを商品化しました。第一弾は、煙が川のように低く流れ、インテリア性の高いお香「流川香」(りゅうせんこう)。

当社は明治5年の創業以来、仏壇や仏具の小売業として地域の皆様にご愛顧いただいてきました。これまで自社開発の独自商品は持ちませんでしたが、このたび、仏事とかかわりの深い「お香」を、新しいライフスタイルのひとつとして様々な分野にご提案していくために、新ブランド「らんじゃ」を立ち上げました。
 これまでの事業を通じた経験や知識を元に、自社でお香の関連商品を新規に企画・開発し、その楽しみ方を全国はもとより海外にまで広く提案し、新たな事業領域を確立します。「香りの川」の名を持つこの地から、お香愛好者の裾野を広げ、皆様に心の安らぎや豊かさを提供していきます。
※「らんじゃ」は、東大寺正倉院に収蔵されている最古の香材で天下第一の名香と謳われる「蘭奢待」(らんじゃたい)にちなんだブランド名です。

■香川の県名にちなんだ、川のように流れるお香 「流川香(りゅうせんこう)」
第一弾は、煙が川のように低く流れる「流川香」(お香と香皿)。通常は空間に立ち上る煙が、コーン型の線香から陶器の香皿の縁に沿って低く流れ、雲海のように滞留する光景がお部屋に和みを与えてくれる、珍しいお香です(特許申請中)。香り(嗅覚)だけでなく見た目(視覚)でも楽しめるものを目指して開発しました。1個のお香で約13分間燃焼し、そのあと数時間にわたってお部屋に香りが持続します。

岩佐佛喜堂の店舗のほか、専用WEBサイト「らんじゃ」(WEBショップ http://ranjatai.net )をはじめAmazon等でも販売します。また、全国のお香専門店、インテリアショップなどを通じての販売も広げていきます。

※「流川香」という商品名は「香川流」を逆に書いたもの。香川県の名前の由来となった「お寺の香木の香りが川に流れ、その下流域を香川と名付けた」という説から名付けたものです。

・香皿の種類:「蓮」、「滝」、「盤」の3種類(「蓮」から順次発売)
・香りの種類:ローズ、ラベンダーの2種類
・発売日:12月15日 
・価格:陶器製香皿  6,000円(税別 上記3種とも)
    コーン型線香 20個 3,000円(税別)
・販売目標:年間10,000個(香皿)

■「らんじゃ」製品の特長
・インテリアやカーライフなど、今までにないお香の楽しみ方を提案する商品群です。
・お香は、線香の本場である淡路島や京都にて製造。メイドインジャパンの品質です。
・白檀や沈香などの香木と、人体に有害な香料などを含まない天然素材のみを使っています。

■株式会社岩佐佛喜堂 企業概要
所在地 香川県高松市丸亀町10-3
代表者 代表取締役 岩佐武彦
事業内容 仏壇・仏具販売
資本金 1,000万円
創業  1872年
設立  1950年
店舗  丸亀町本店、勅使店
URL http://www.buddha.co.jp

【ニュースリリース発表社&発表者】

株式会社岩佐佛喜堂
〒760-0029 香川県高松市丸亀町10-3
岩佐 一史
TEL: 087-851-1033
E-mail: info@buddha.co.jp
ホームページ: http://www.buddha.co.jp

キーワード検索

媒体(新聞社)リンク