ニュースリリース

2015.04.14

あなぶきグループPRESENTS Webドラマ『うどん先生』配信スタート。テーマ曲はHKT48の「12秒」

●穴吹興産株式会社

放送作家、秋元康氏のプロデュースによるWebドラマ「うどん先生」のネット配信が4月12日よりスタート。テーマ曲にはAKB48の姉妹グループとして福岡を拠点に活動するHKT48の5曲目シングル『12秒』が採用されました。

このニュースリリースをtwitterでつぶやく

秋元康氏のプロデュースによるWebドラマ「うどん先生」発表試写会

放送作家、秋元康氏のプロデュースによるWebドラマ「うどん先生」のネット配信が4月12日よりスタート。テーマ曲にはAKB48の姉妹グループとして福岡を拠点に活動するHKT48の5曲目シングル『12秒』が採用されました。

「うどん先生」は、あなぶき興産(本社/香川県高松市 代表取締役/穴吹忠嗣)などあなぶきグループが進めている、子どもたちとまちを元気にしていく取り組み「あなぶキッズプロジェクト」の一環として制作中のWebドラマ。あなぶきグループの地元である香川県に在住の12~16歳の子どもたちが生徒役で登場し、香川県で撮影されました。4月12日から順次、インターネットの動画サイト、Youtubeで配信を開始します。
「うどん先生」(全10話)の制作総指揮を秋元氏が執ることから、同じく秋元氏がプロデュースするHKT48の新曲「12秒」がタイアップ曲として使われることになりました。同シングルは4月22日に全国発売されます。

【ドラマのSTORY】
40代になり、久々に集まった地元の中学の同級生5人組。昔話に花が咲き、当時クラス担任だった通称「うどん先生」との思い出話で盛り上がる。「あの先生、いつも頼りないけど、ここぞって所で助けてくれるんだよなぁ・・・。」思春期の悩みを抱えていた5人は、実はそれぞれ「うどん先生」に助けられた事があったのだ。先生とのエピソードを懐かしく語り合う5人だったが、突然、30年前の夜の教室にタイムスリップしてしまう。そこで出会ったのは、あの頃の14才の自分たちだった・・・。「タヌキさまのおまじない」で過去に戻った5人は、果たして無事に現代に帰れるのか?そこで彼らが見た「うどん先生」の真実とは・・・? 

 【発表試写会】
ドラマ完成記念として4月12日、高松市のアルファあなぶきホールにて発表試写会を開催しました。この試写会では、ドラマ出演者とそのご家族、制作関係者、あなぶきグループ各社代表者に加え、お世話になったロケ地の皆様、そして浜田知事と香川県のご担当の方々にもご出席頂きました。

【うどん先生 オフィシャルサイト】
http://udon-sensei.jp/

【ニュースリリース発表社&発表者】

穴吹興産株式会社
〒760-0028 香川県高松市鍛冶屋町7-12
新田 守
TEL: 087-802-5112
E-mail: m-nitta@anabuki-kosan.co.jp
ホームページ: http://www.anabuki.ne.jp/

キーワード検索

媒体(新聞社)リンク