ニュースリリース

2008.12.12

ブロードバンド・インターネット接続  空港リムジンバス

●(株)ソフトプレスネットワーク

ブロードバンド・インターネット接続  空港リムジンバス

このニュースリリースをtwitterでつぶやく

リムジンバス車内でブロードバンド・インターネット接続サービス成田空港路線を中心に商用トライアルを実施中

株式会社アッカ・ワイヤレス(以下「アッカ・ワイヤレス」、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:日比野雅夫)と 東京空港交通株式会社(以下「リムジンバス」、本社:東京都中央区、代表取締役社長:鈴木光男)は、2008年12月9日より、リムジンバス車内の無線 LAN(WiFi)(*1)ブロードバンド・インターネット接続サービスの商用トライアルを開始している。

対象となっているバスは、成田空港開港30周年を記念し今年5月から成田空港路線を中心に運行している、キャラクターを描いたラッピングバス「リムちゃん号」2車両。

それによると、車内でWiFi(無線LAN)に対応する携帯音楽プレーヤーやゲーム機、パソコンなどを車内に持ち込むと、簡単にブロードバンド・インターネットに接続が可能。現在は、商用トライアル中で、2008年12月9日~2009年4月上旬まで接続料無料で接続できる。同社では、利用者の利便性などの検証を行い、有料サービスへの移行を検討していく。

同サービスは、HSDPA(*2)とWiFiを組み合わせ、リムジンバス内での無線環境を整えることによって実現。同時に、今後はこのサービスのネットワーク環境を利用し、リムジンバス内でのデジタルサイネージ(*3)を利用したタイムリーな地域情報やCMなどの掲示などの整備していくと同社では、発表している。

今回のトライアルサービスでは、同社がモバイルルータ等機器の設置、メンテナンス、サポートサービスを行い、インターネット接続サービスを提供。リムジンバスは、設置スペースの提供と告知プロモーションを行なっている。

同社は、今後は、このサービス同様、無線LANをタクシーやリムジンバスをはじめとする公共交通機関に拡大し、よりユーザが楽しめるコンテンツについてもラ インアップを増やしていく方針で、ライフスタイルに無線LANなどの無線ブロードバンドが深く広がることを期待している。





【接続イメージ図】



接続イメージ図



(*1)WiFi

IEEE 802.11シリーズの標準規格で、WiFi技術を元に作られたネットワークを一般的に無線LANといいます。2.4GHz帯や5GHz帯など免許の不要 な周波数帯を利用し、最高伝送距離は100m、最高伝送速度は54Mbpsの近距離無線技術。Note-PCから始まり、iPhone等携帯電話や、ニン テンドーDS、PSP(R)、iPod(R) touch等ゲーム機など多様なモバイル端末に普及しています。


(*2)HSDPA

High-Speed Downlink Packet Accessの略称で、パケット通信の高速化への要求に対応するために3GPPでW-CDMAの発展型として標準化された下りの通信速度を飛躍的に向上さ せる技術です。理論上は、下り最大14Mbpsの高速通信が可能です。


(*3)デジタルサイネージ

ネットワークを利用して複数拠点向けにコンテンツを配信するサービスで、店舗やショールーム内で再 生する映像・情報・広告などを本部から一括してコントロールすることが可能です。コンテンツの放映スケジュールや内容の編集などの映像更新をタイムリーに 実施することができるほか、特定店舗や特定ディスプレイのみを指定して更新を行うなど、現地に赴くことなくコンテンツのメンテナンスを行うことが可能とな ります。

キーワード検索

媒体(新聞社)リンク