ニュースリリース

2008.12.19

第4回「ハイ・サービス日本300選」選定結果を発表  サービス産業生産性協議会

●(株)ソフトプレスネットワーク

第4回「ハイ・サービス日本300選」選定結果を発表  サービス産業生産性協議会

このニュースリリースをtwitterでつぶやく

医療から図書館まで、サービス産業の生産性向上に役立つ28の秘策
第4回「ハイ・サービス日本300選」選定結果を発表

「サービス産業生産性協議会」では、平成19年度より、サービス産業のイノベーションや生産性の向上に役立つ先進的な取組事例を表彰し広く普及する「ハイ・サービス日本300選」を実施中しているが、このたび、選定の第4回として、医療・健康分野を中心に、農業・保育・温泉・クリーニング・図書館など幅広い分野での28の生産性向上事例が発表された。

それによると、これまでに3回の選定(第1回平成19年11月、第2回平成20年3月、第3回平成20年10月)行い、80の企業・団体を表彰している。

「ハイ・サービス日本300選」は、「サービス産業生産性協議会」(産業界、大学関係者、経済産業省を含む関係6省などの参加で平成19年5月に発足)が、サービス産業全体のイノベーションや生産性向上を目的に、各サービス分野で先進的な優良事例を公表し、企業の一層の取組を喚起しようとする取組み。平成19年11月以降、第3回までで80の企業団体を表彰。今回は、特に医療介護・健康福祉関連を重点的に選出し、今後、最終的に全300の企業・取組を公表予定している。

第4回「ハイ・サービス日本300選」選定結果を12月25日(木)11:00よりKKRホテル東京で、受賞企業・団体の表彰式を開催されるが、今回選ばれた代表事例は次のとおり。

【医療】日本初の医療材料でのJust in timeの取組などカンバン方式を参考に業務の効率化を進めるとともに、関係する職種が全て閲覧できる「一患者一カルテ」の電子カルテの導入や地域の関係100機関のネットワーク(けいじゅヘルスケアシステム)構築により、患者・利用者の情報の共有化を促進。 <石川県、(社医財)薫仙会 恵寿総合病院>

【健康】個人の身体活動量と体重・体組成変化を継続的に把握し、オーダーメイドの健康増進プログラムを常時5,000人以上に提供。 <茨城県、(株)つくばウェルネスリサーチ>

【図書館】指定管理者制度の導入で、図書館コンシェルジュがビジネスマンのニーズに対応した図書検索をサポート。22時までの開館時間などにより、利用者数が3~4倍に増加。<東京都千代田区、千代田区立図書館>

*「サービス産業生産性協議会」は、サービス産業のイノベーションや生産性向上に向けた国民運動を展開する母体として、産業界、大学関係者、関係省庁などの幅広い参加のもと、平成19年5月に発足した組織。本協議会にオブザーバーとして、国から経済産業省・総務省・文部科学省・厚生労働省・国土交通省・農林水産省とともにとして参加している協議会。(http://www.service-js.jp/)

キーワード検索

媒体(新聞社)リンク