ニュースリリース

2009.05.15

高齢者集合住宅向け、デザイン性と機能性を重視、新タイプの玄関ドア       文化シヤッター株式会社

●㈱ソフトプレスネットワーク

文化シヤッター株式会社(社長:茂木 哲哉)では、高齢者集合住宅向けの玄関ドアとして、木目調のカラーバリエーションを豊富に取り揃え、静かで軽い操作性を実現したユニバーサルデザインの玄関引き戸「ヴァリフェイス」を、5月15日から発売を開始した。

このニュースリリースをtwitterでつぶやく

 同製品は、 近年、介護老人福祉施設など公的な役割を担ってきた“施設”に代わり、民間企業が運営する高齢者専用賃貸住宅やシルバーマンション、シニア住宅等の高齢者向け“住宅”が増加傾向にあり、これらの住宅には、高齢者の方々が安全かつ快適に暮らせるユニバーサルデザインの考え方とあわせて、“住まい”としてのこだわりが求められており、“住まいの顔”である玄関ドアについても、デザイン性と機能性の充実が重要なポイントとなっていることに注目。
特に、従来の病院・施設向けドアの技術をベースに開発した木質系タイプの玄関用引き戸は“住まいの顔”としてのこだわりに重点を置いており、併せて、扉のカラーバリエーションについても、自然な風合いの木目を基調とした10色、扉の基本デザインを6パターンご用意している他、入居者の好みや個性に応じてオリジナルのデザインにも対応できる、意匠性を重視した商品になっているとのこと。

 機能性については、扉の開閉音が50dB以下と静音仕様になっており、わずかな力で扉を開けられる軽い操作性を実現。さらに、上吊り方式を採用しているため、歩行時の妨げとならないバリアフリー設計となっているほか、戸先には手詰防止ゴムを装着して安全性に配慮するなど、誰でも優しく快適にお使い頂ける“ユニバーサルデザイン”の商品となっている。
同社では、同製品を、高齢者集合住宅 向けに特化したデザイン性と機能性を兼ね備えた新タイプの玄関ドア として、積極的な提案を進めていくとのこと。


■製品説明:高齢者集合住宅向け玄関引き戸「ヴァリフェイス」

・高齢者集合住宅向け玄関引き戸「ヴァリフェイス」の特徴
『デザイン性を重視』
<豊富なカラーバリエーションを充実>
・扉のカラーバリエーションは、自然な風合いの木目を基調に10色、扉の基本デザインを6パターンご用意した他、入居者の好みや個性に応じてオリジナルデザインにも対応できます。
・扉の表面材は、MDF(中密度圧縮合板)に木目調の化粧シートを貼った「木質系汎用タイプ」と窯業系板に化粧シートを貼った「木質系不燃タイプ(※1)」、化粧鋼板を用いた「鋼製タイプ(※1)」の3タイプをご用意しています。
※1)「木質系不燃タイプ」と「鋼製タイプ」は不燃材料としての認定を受けています。 <認定番号>「木質系不燃タイプ」:NM-1987、「鋼製タイプ」:NM-8697 『機能性を充実』 <静かで軽い操作性を実現> ・扉は軽い力(※2)で操作することができ、開閉音についても50dB以下(※3)の静音仕様を実現しています。
※2)扉重量40kg(DW=1,200mm)の時、開扉力7.8N(約800g)
※3)50dBとは、静かな事務所と同程度の音の大きさです。 ・扉は、手を離すと静かに閉じる「自動閉鎖式」と手で開け閉めする「手動式」の2種類からお選び頂くことができます。

<安全性に配慮>
・床面にレールのない上吊方式を採用しているため、車椅子やストレッチャーの通過もスムーズなバリアフリー設計となっています。 ・戸袋部には「手詰防止ゴム」を装備して安全性に配慮しています。
<きめ細かい住環境への配慮>
・錠前については、施解錠の音を約10dB抑えた静音タイプ(※4)を、オプションとしてご用意しています。 ※4) 施解錠音(当社測定値) 静音タイプ:49dB 標準タイプ:60dB~70dB ・自分の居室を間違えないように、愛着のある置物や人形、写真などを入れて居室の目印にする「メモリーボックス」を、オプションとしてご用意してます。

■この発表に関するお問い合わせ先
文化シヤッター株式会社
経営企画部広報室 小林または榎田
TEL03-5844-7150
http://www.bunka-s.co.jp/

■この製品に関するお問い合わせ先
文化シヤッター株式会社
お客様相談室
TEL: 03-5844-7111

キーワード検索

媒体(新聞社)リンク