ニュースリリース

2009.07.16

低価格で導入できるデジタルサイネージ

●ビープレスワン 編集部

アドバンテック株式会社(東京都千代田区/代表取締役社長:劉克振、以下アドバンテック)は、1台49,800円からの導入が可能なデジタルサイネージ「CMS Basic」を発売した。

このニュースリリースをtwitterでつぶやく

DSA-2102E

 発表された製品は、ハードとパソコンで制御できるソフトがバンドルされているもので、操作については製品のホームページで最新のマニュアルがダウンロードできるようになっている。初期費用の低減化、運用コストも心配せず導入が可能と同社では説明している。

 発表された製品概要は次のとおり。

■ 1台49,800円からの導入が可能なCMS Basicパッケージ
アドバンテックではデジタルサイネージプレイヤーにコンテンツ配信管理用ソフトを同梱して、1台49,800円(DSA-2102E+CMSBasicパッケージ)から提供します。
高い初期コストがネックで導入をためらわれていた方でも、1台から導入いただけますので、デジタルサイネージを始めるのに最適なパッケージとなっています。

■ コンテンツ配信管理用ソフト CMS Basicで更新もラクラク
CMSBasicは、単純なコンテンツ管理はもちろん、画面分割やテロップを流すこともできる、最もベーシックなコンテンツ配信管理ソフトです。
コンテンツの更新は、ソフトを使って設定したデータをUSBメモリーに転送、プレイヤーに差し込むだけで自動的に再生が開始されますので、専用のサーバーも必要ありません。もちろん、ネットワークを使っての更新も可能です。

操作マニュアルはWeb上からダウンロード可能です。

■ 強固な信頼性と安定性を誇るアドバンテックのデジタルサイネージプレーヤー
ファンレスで低発熱デザインのRISCベース・デジタルサイネージソリューションは、連続稼働に不可欠な産業グレードの信頼性を提供します。プレイヤーの故障による広告効果のロスを低めます。

■ 対象製品

DSA-2102E

アドバンテックのDSA-2102シリーズは、HD(780p)コンテンツを簡単に配信できるコンパクトボディのデジタルサイネージプレーヤー。低発熱仕様でファンレス駆動を可能とし、高い堅牢性と安定性を実現した製品です。

211(W)x43(H)x153(D)mmの筐体には3種類のビデオ出力端子(DVI-I,コンポジットビデオ,Sビデオ)とオーディオ出力を装備し、様々なタイプのディスプレイを接続することができる。中小型ディスプレイと組み合わせれば、スペースが限られた店舗や商品棚の上でもデジタルサイネージの導入を図ることが可能です。

デジタルサイネージとして必要な機能をコンパクトにまとめあげた本品は、複雑なコスト体系がなく、導入コストを使用用途によって低く抑えることができます。そのため高い初期コストで導入を諦めていた方々にお勧めする製品です。

●メディア
 -ビデオ: MPEG-1/2 MP@ML(up to 14Mbps),MPEG-4 ASP
 - オーディオ: 2チャンネル,MPEG-1&MPEG-2レイヤー1,2,3(MP3),16ビットPCM,ビットレートは384kbpsまで、サンプリングレートは48kHzまで
 - 静止画: BMP,JPEG
 - テキスト: スクロールスピードと位置の調整可能

 - プレイリスト: 再生のスケジューリング、エンドレス・ループ再生、電源投入後自動再生

●I/Oポート
 - ビデオ: 1×VESA DVI-Iコネクタ,最大720p,1280x720@60Hz, 1×RCAジャック, 1×Mini-DIN 4ピンコネクタ
 - オーディオ: 2×ステレオRCAジャック

 - ネットワーク: 1×RJ-45 10/100Mbps

 - シリアル通信: 1×RC-232C D-Sub 9ピン(オス)

 - USB2.0: 2×タイプAコネクタ
●ストレージ: 3.5インチHDD(40GB)
●電源
 - 消費電力: 15W
 - 供給電源: DC 12V入力
●動作環境
 - 温度: 摂氏0度~摂氏40度
 - 湿度: 5~85%@摂氏40度(結露なきこと)
●外形寸法(W×D×H): 211x153x43mm
●重量: 約1.7kg
●コンテンツ管理用ソフト: CMS Basic

DSA-2130(近日発売予定)

●メディア
 - ビデオ: MPEG-4.10(H264)@L3,MP@L4.0*及びHP@L4.0*,SMPTE421M(VC-1)MP@HL及びAP@L3,WMV9 MP@HL,MPEG-2MP@HL,MPEG-4.2 ASP@L5(720P,1-point GMC)
 - オーディオ: 2チャンネル,MPEG-1&MPEG-2レイヤー1,2,3(MP3),16ビットPCM,ビットレートは384kbpsまで、サンプリングレートは48kHzまで
 - 静止画: 35ビット・カラー BMP,JPEG
 - テキスト: スクロールスピードと位置の調整可能
 - プレイリスト: 再生のスケジューリング、エンドレス・ループ再生、電源投入後自動再生


●I/Oポート
 - ビデオ: 1×VESA DVI-Iコネクタ,最大720p,1280x720@60Hz, 1×RCAジャック, 1×Mini-DIN 4ピンコネクタ
 - オーディオ: 2×ステレオRCAジャック

 - ネットワーク: 1×10/100Mbps RJ-45

 - シリアル通信: 1× RC-232C D-Sub 9ピン(オス)

 - USB2.0: 1× USBタイプAコネクタ
●ストレージ: 2.5インチHDD(40GB)
●電源
- 消費電力: 15W
 - 供給電源: DC 12V入力
●動作環境
 - 温度: 摂氏0度~摂氏40度
 - 湿度: 5~85%@摂氏40度(結露なきこと)
●外形寸法(W×D×H): 211x153x43mm
●重量: 約1.5kg
●コンテンツ管理用ソフト: CMS Basic

■ 製品ページ(データシート等のダウンロードが可能です)
 製品詳細ページ:www.advantech.co.jp/news/mail/090618SAG/dsa.asp

■ アドバンテック株式会社について
 アドバンテック社は、1983年の創業以来eプラットフォームのリーディング・プロバイダとして、産業用コンピューティングやオートメーション市場における高品質でハイパフォーマンスな製品の開発・製造および販売に携わっています。
 また、デジタル技術を使いタイムリーに映像や文字情報をディスプレイ表示する"次世代型インフォメーションシステム"、デジタルサイネージの分野についても、事業を積極展開しています。

■ 連絡先
アドバンテック株式会社 
〒101-0003 東京都千代田区一ツ橋2丁目5番5号
       岩波書店一ツ橋ビル12階
TEL:0800-500-1055(フリーコール)
URL:http://www.advantech.co.jp/
E-mail:ajp_sales@advantech.com

キーワード検索

媒体(新聞社)リンク