ニュースリリース

2012.07.05

女性向けに、ラム風味のカクテル「Tiki」2種類を発売

●菊水酒造株式会社

菊水酒造株式会社(高知県安芸市、社長/春田忠)は、ラム風味の微発泡カクテル「Tiki」ライムとバニラの2種類を商品化しました。7月10日より高知県内・県外の酒店やスーパー等、および菊水酒造ネットショップ http://kikusuishop.jp/ で販売します。

このニュースリリースをtwitterでつぶやく

ラム風味の微発泡カクテル「Tiki」ライムとバニラの2種類を商品化

菊水酒造株式会社(高知県安芸市、社長/春田忠)は、ラム風味の微発泡カクテル「Tiki」ライムとバニラの2種類を商品化しました。7月10日より高知県内・県外の酒店やスーパー等、および菊水酒造ネットショップ http://kikusuishop.jp/ で販売します。

■栓を開けてそのまま手軽に飲める微発泡カクテル
「Tiki」は、当社が進めている「女性による女性のためのお酒づくりプロジェクト」から生まれた商品で、同プロジェクトのメンバーである当社の米国人女性社員、デーナ・ベルテが企画したお酒です。デーナ・ベルテによるお酒は、昨年9月に発売したスパークリング清酒「きららきくすい」に続いて2品めです。
甘みを抑えたライムと、ほのかな甘味のバニラの2種類。どちらもさっぱりとしたラムによく合います。栓を開けて瓶のまま飲めるので、おうちでのリラックスタイムはもちろん、パーティーやバーベキューなどでも手軽に楽しめます。
お酒に慣れていない若い方やアルコールが苦手な方も飲みやすいように、アルコール度数を5%に抑えています。

■企画開発担当 デーナ・ベルテより
北米ではラムは歴史が長く幅広い飲み物に使われていますが、日本ではあまり馴染みがありません。この美味しいお酒を女性に気軽に飲んでいただけるようにと企画しました。
Tikiは元々ニュージーランドのマオリなどの木彫りの像を意味する言葉ですが、20世紀中期のアメリカで南太平洋地域から来た食事、デザイン、モチーフなどを表すようになりました。Tikiのカクテルは、エキゾチックな果汁にスピリッツというパターンが多く、主に使われているお酒は、ラムです。トロピカルな雰囲気を楽しみながらパーティーで、クラブやバーで、ビーチで、そしてお家でゆっくりと、カジュアルに、エレガントに「Tiki」を飲んでいただければと思います。

(デーナ・ベルテ 菊水酒造 企画営業課社員)
アメリカ合衆国マサチューセッツ州スプリングフィールド出身。同州のスミス大学時代に日本に留学。卒業後、青森県つがる市役所に国際交流員として勤務。青森で日本酒の魅力を知り、日本で酒造りの仕事がしたいと、2010年8月菊水酒造に入社。27歳。

◆商品の概要
【Tiki ライム】
カクテルではよく使われているライム。日本人向けに飲みやすく、さっぱりとした味に仕上げています。
容量:250ml
小売価格:250円(税込)
度数:アルコール度数5度以上6度未満
原材料:ラム、ライム、糖類、ビタミンC

【Tiki バニラ】
バニラの甘い香りとラムの香りがとてもよく合うお酒です。
容量:250ml
小売価格:250円(税込)
度数:アルコール度数5度以上6度未満
原材料:ラム、糖類、香料

【本件に関するお問い合わせ先】
菊水酒造株式会社 担当:春田、松岡
電話:0887-35-3501 FAX:0887-35-3503
E-mail:kikusui@tosa-kikusui.co.jp

【ニュースリリース発表社&発表者】

菊水酒造株式会社
〒784-0004 高知県安芸市本町4丁目6-25
春田、松岡
TEL: 0887-35-3501 / FAX: 0887-35-3503
E-mail: kikusui@tosa-kikusui.co.jp
ホームページ: http://www.tosa-kikusui.co.jp/

キーワード検索

媒体(新聞社)リンク