ニュースリリース

2013.08.09

ニーズに合わせた正しいバイクの購入:ビンテージ vs. モダン

●OBAN Multilingual

サイクリングは最も経済的な交通手段であるとともに、効果的なエクササイズ手段でもあります。サイクリングの質を最大限に高めるためには、様々なバイクの中から自分に最も合ったタイプのロードバイクを選ばなければなりません。

このニュースリリースをtwitterでつぶやく

ビンテージバイク
「オールド・イズ・ゴールド(古いものは金)」ということわざがありますが、ビンテージバイクに関してはまさにそのとおりです。古風な型にひかれる人もいれば、価格が理由で選ぶ人もいるでしょう。良い状態のビンテージバイクは、低価格のモダンなバイクに比べてよい買い物と言える場合が多いです。ただし、修理や部品交換などに多少のコストがかかると思ってください。あるいは、完璧なコンディションに修復済みのものを選ぶという手もあります。

ビンテージバイクには主にふたつの種類があります。ビンテージ3スピード型とビンテージミキスト型です。3スピード型はより軽いタイプで、ミキスト型はよりロードバイクに近いです。

優れたビンテージバイクは1950年代後半から1980年代中頃にかけて製造されたものです。それ以前のものは普通、基本的な修復以上の手をかける必要があります。また、古いバイクになると、修復用のパーツを見つけるのが難しい場合があります。

ビンテージバイクはオンラインのバイクショップ、スポーツ用品店、eBayやクレイグスリストなどの一般店で見つけることができます。オンラインで購入される場合、購入前に実際に見て、試乗できる店や個人から買いましょう。オンラインで見た外見は実際のバイクの外見と違うかもしれません。

モダンバイク
モダンバイクは長年の研究と開発の結果と言えます。モダンバイクには様々な種類があります。ひとつは、オートマチックギアバイクといって、正しいギアを選ぶことができ、よりスムーズなサイクリングを可能にします。

通勤通学に便利な折りたたみ式バイクもあります。限られたスペースでも置き場に困らず、長距離の持ち運びも問題ありません。また、都市型バイク、マウンテンバイク、ツーリングバイク、ハイブリッドバイク、ロードレースバイクなどを含む、大衆市場用のバイクもあります。

電動バイクという選択肢もあります。電動バイク使用に当たっては、規制があります。16歳以上でなければならなく、道路の決まった場所のみで乗ることができます。制限速度も守らなければなりません。最後に、リカンベントバイクという選択もできます。リカンベントバイクは移動ローイングマシンに似ていて、空気力学の原理を応用したデザインでより速く、負担の軽いライディングが楽しめます。

【ニュースリリース発表社&発表者】

OBAN Multilingual
〒151-0064 東京都渋谷区上原1−3−5
安東 久栄
TEL: 03-6407-9047
E-mail: andohisae@obanmultilingual.com
ホームページ: http://www.obanmultilingual.com/

キーワード検索

媒体(新聞社)リンク