特集記事

2009.03.10

GRANDIT ~Web対応次世代ERP~

●管理者

Web対応次世代ERP「GRANDIT」、ここ数年で高い導入実績に注目 約300法人 ・導入本数 約1200サイト ・GRANDIT利用許諾ユーザ数 48000人

このニュースリリースをtwitterでつぶやく

GRANDIT

「GRANDIT」は、コンソーシアム方式により業界を代表するSI企業のノウハウを集大成した第3世代ERPで、経理、債権、債務、販売、調達・在庫、製造、人事、給与、資産管理、経費の計10モジュールにより構成。「GRANDIT」はMicrosoft.NETを採用した業界初の完全Webプラットフォームにより実装されたERPで、BI(ビジネスインテリジェンス)、EDI(電子データ交換)、ワークフロー等を標準搭載し、多通貨機能、マルチカンパニー、柔軟な組織変更への対応など、中堅企業向けながら、大企業にも必要とされる機能を豊富に盛り込んだERPパッケージ。

特徴-----------------------------------------
◎完全WebベースのERPパッケージ
.NETの採用により、基幹業務の特性を徹底的に追求しました。従来のクライアント・サーバーシステムに劣らない操作性と運用性を完全Webで実現しています。

◎基幹業務の枠を超えた統合型ERPパッケージ
これまでのERPパッケージはBI機能、ワークフロー、EC機能等を外付けの別システムで構築し、データの連携を行うことが通常でした。しかしGRANDITではそれらの機能を標準で装備し、オールインワンでご提供する開発思想となっています。

◎幅広い企業規模・業種に対応できるERPパッケージ
大企業のみならず中堅中小の企業にも対応できるよう、細かなパラメータ設定で規模に応じた操作性を実現したパッケージとなっています。

◎オプション機能までも標準搭載してERPパッケージ
 経理モジュールでは財務会計はもとより、管理会計・経営分析機能までを標準装備しています。輸出入関連機能は、販売・調達モジュールに標準機能として含まれています。手形管理も債券・債務モジュールに標準搭載されています。ERPの導入を低コストで実現することができます。


■GRANDITを導入した企業の声から----------------------

1、GRANDITは、導入することで全社が一丸となって業務プロセス改革が実現可能。
2、GRANDITは、自社基幹システムとの接続方法の自由度は、他のERPと比較して高い。
3、GRANDITは、拡張モジュールの採用によって、段階的にERP機能を追加が可能。
4、GRANDITは、課題解決のために必要となる基本的な実現機能性が高い。
5、GRANDITは、導入プロセスが容易で、高いコストパフォーマンスを持っている。
6、GRANDITは、薬事法に対応しており、オフコンのリプレースの検討対象になる。
7、GRANDITは、Web対応と機能の柔軟性に優れており、業務コストの大幅削減を図れる。
8、GRANDITは、データの統合管理と戦略的分析を可能にしている。
9、GRANDITは、経営判断及び決算処理の早期化が図れる。
10、GRANDITは、市場変化を迅速かつ柔軟に対応できる基盤を実現している。
11、GRANDITは、商社業務のノウハウが共有できる、最新パートナーの技術をベースとしている。
12、GRANDITは、事業統合効果の最大化をめざして導入でき、長期展望に立てる。

などなど、まだたくさんの特徴があります。また、各業種によって、細かい対応がされております。

上記、特徴にご興味があり、ERP導入を御検討されておりましたら、コンソシーアムの中から、ご対応可能な企業をご紹介できますので「GRANDITについて」とご明記の上、下記メールアドレスへ、お気軽にお問合せください。               
               お問合せMailアドレス:press@soft-press.net
               ㈱ソフトプレスネットワーク ERP担当まで
              
            詳細資料や、ご説明のための体制をご用意しております。




キーワード検索

媒体(新聞社)リンク